本文へスキップ

コンプライアンスに強い中川総合法務オフィスは知財・相続実務とリスク管理を専門とするコンプライアンスプロフェッショナルオフィスです。

TEL. 075-955-0307

業務時間 午前9時〜午後8時 土日祝予約対応

コンプライアンスに強い中川総合法務オフィスは、知財とリスク管理を専門とするコンプライアンスプロフェッショナルオフィスです。

アカデミックハラスメントの研修内容 中川総合法務オフィス

  • アカデミックハラスメントの研修内容

    1.アカデミックハラスメントの定義
     (1)アカデミックハラスメントとは、Academic(=学術的)とharassment(=嫌がらせ)を合成した和製英語で、研究教育の場における権力を利用した嫌がらせである。

    性差別にとどまらず、大学教育・研究の場での不当な権利侵害全般、セクシュアルハラスメントやパワーハラスメントも含めたハラスメント全般に用いられる。広義では、大学内のすべてのハラスメントを指す。

    教授に人事権や予算配分権などの権力が集中していること、

    大学の閉鎖性、

    何か言って睨まれたら就職が難しくなるという被害者側の不安などが背景にある。

    (2)多くの大学がガイドラインや相談窓口を設けている。


    2.アカデミックハラスメントの具体例
    (1) 研究活動に関連したもの

     適切な研究指導等を意図的に行わないこと等正当な研究活動を妨害したり,正当な理由がないにもかかわらず,研究活動に関しての考え方または自主性を否定するような言動を行うこと。

    (2) 教育指導に関連したもの

     指導を行わない,研究テーマを押しつける等本人の自主性を認めないこと等必要な教育指導を怠ったり,教育指導の面において,人としての尊厳を著しく否定するような言動を行うこと。

    (3) 就労に関連したものその他

     暴力的な言動,人格を傷つける言動,悪口・中傷及びプライバシーに関することを言いふらすこと等不当に就労環境を悪化させ,就労に関し正当な理由がないにもかかわらず不利益を与えるような言動を行うこと。
      (http://ds.cc.yamaguchi-u.ac.jp/~epsc/academic.html 参照)


    3.アカデミックハラスメントの判例

    (1) 神戸大学 アカハラ認め275万円賠償命令 神戸地裁判2013年6月29日

    (2)京都大学 留年措置及び共著勧奨等違法事件 平成22年06月24日大阪地方裁判所

    (3) 京都大学 京大教授のアカハラ認めず 2013年6月12日

    (4)教授の講師に対する指導に人格権侵害を肯定 東京地方裁判所 平成19年5月30日判決


    4.アカデミックハラスメントの防止
    ※大学におけるセクシュアル・ハラスメントの防止について 文部科学省高等教育局大学振興課
            http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/koutou/027/siryo/06021607/031.htm 

    @ 相談や苦情に適切に対処できる体制を整備すること、

    A 相談体制の整備を行う際には第三者的視点を取り入れること、

    B 教職員への研修等により服務規律を徹底すること、

    C セクシュアル・ハラスメントを行った教職員に対しては懲戒処分も含め厳正な対処を行うこと、

    D懲戒処分については再発防止の観点から被害者のプライバシーを考慮しつつその公表について検討すること
  • 代表のアメーバブログは「こうしんの著作権、コンプライアンス日記」、YouTubeのチャンネルは「nakagawakoshin」です。いずれも多数の登録ある文字と映像のコンテンツです。
  •   はてなブックマークに追加 

バナースペース

中川総合法務オフィス

〒617-0812
京都府長岡京市長法寺川原谷13-6

TEL 075-955-0307
FAX 075-955-0214
mail:home@rima21.com
中川総合法務オフィス公式メルマガ(無料)登録⇒まぐまぐ!へ
2016/04/30号

代表アメーバブログ「こうしんの日記」YouTube「nakagawakoshin

お客様の声⇒ 感謝礼状の数々 

 
  中川恒信 著書



役員実績で行政書士会から表彰される
役員実績で会から表彰