本文へスキップ

不祥事はなぜ繰り返されるのか コンプライアンスに強い中川総合法務オフィスは知財とリスク管理を専門とするコンプライアンスプロフェッショナルオフィスです。

TEL. 075-955-0307

〒617-0812 京都府長岡京市長法寺川原谷13-6

不祥事はなぜ繰り返されるのか コンプライアンスに強い中川総合法務オフィスは、知財とリスク管理を専門とするコンプライアンスプロフェッショナルオフィスです。

不祥事はなぜ繰り返されるのか。雪印はなぜ1955年に続いて2回も不祥事を起こしたのか。

  • 不祥事はなぜ繰り返されるのか? 例えば「雪印」はなぜ1955年に続いて2回も不祥事を起こしたのか。

    1.2000年の事件

    (1)事件発生

     2000年(平成12年)6月から7月にかけて、近畿地方を中心に、当時の雪印乳業の乳製品(主に低脂肪乳)による食中毒事件が発生し、認定者数13,420人の、戦後最大の集団食中毒事件となった。
     
    (2)原因

     ・雪印乳業の大阪工場で生産された低脂肪乳が毒素に汚染されていた
     
      但しその原料となる脱脂粉乳を生産していたのは北海道の大樹工場で、同時に大阪工場での原材料再利用の際における、不衛生な取り扱いもあった。

     ・雪印企業グループ各社の全生産工場の操業が全面的に停止、スーパーなど小売店から雪印企業グループ商品が全品撤去され、ブランドイメージも急激に低下した。


    (3)記者会見の失敗 

     ・記者会見で、大阪の工場長との連係ミスが出るし、ぶら下がり報道陣に社長は、「君ねぇ、そんな事言ったってねぇ、私は寝てないんだ」と発言し、記者が「こっちだって寝てないんですよ。そんなこと言ったら食中毒で苦しんでる人たちはどうなるんだ!」と反発した光景が映像を通じて広く配信された。

    (4)不祥事が続く

     2001年(平成13年)から2002年(平成14年)に雪印牛肉偽装事件(雪印乳業本体ではなく子会社不監督)がイメージ上の決定打となって、事業全体の再編成を余儀無くされる結果となった。


    ※この事件は、雪印乳業にとっては、実は下記の事件に続く二度日の大きな集団食中毒事件であった。


    2.1955年事件

     (1)事件の発生
      都内の雪印製の脱脂粉乳を使った学校給食から集団食中毒事件が発生し、被害者は1900人に及んだ。
     学校給食での食中毒事件だっただけに雪印の衛生管理の不備は激しく非難された。

     (2)対応
     
      事件発生後、即座に製品の販売停止と回収を指示し、謝罪会見を行い、社長ら幹部が被害者や取引先、酪農家への謝罪し、再発防止策も速やかに発表した。
     こうした真撃な取り組みは次第に世間の評価を受けるようになり、雪印には多くの激励の手紙や電話が寄せられた。
     この年、なんと雪印は売り上げを伸ばし、日本一の乳業会社となるきっかけにさえなった。

     (3)「全社員に告ぐ」

     当時の社長が「信用を獲得するには長い年月を要し、これを失墜するのは一瞬である。そして信用は金銭で買うことはできない」と語った。長く雪印社員に配布されてきたが、2000年の食中毒事件時には、すでに打ち切られていた。 


     ★なるほど、リーダーの資質はこれほど重要なものである。トップの社長の行為は殊に不祥事発生時にはすべての人が凝視している。


     コンプライアンス講演等でも、トップが講演会場の最前列でしっかりと聞いているところとトップは所用ですと言うことで幹部や職員だけががダラーと聞いているところでは全く違う。


     なかには、天下りトップが私の目の前で「コンプライアンス、コンプライアンスと言っているばかりでは売り上げが伸びない」と言い放ったことがある。西日本の政令指定都市でのことである。

     それはないでしょう。

     また、トップが挨拶に来て、自己の履歴を披露しかつ「私は忙しいので話は聞けない」といいながら、休憩時間に控室に戻ると居眠りをしていた。
     
     四国のT市でのことである。
     
     貴法人も多額の税金が投入されていることはみんな知っていますよ。

     
     なるほど、中央から言われていやいややるからそうなるのでしょうね。

     トップの心底は、幹部みんな知っていますよ。

     そんなことよりも、どうして、次から次への不祥事がなくならないのでしょうか.。

     よくわかった、納得したと言うことになれば人はそれを特に意識せずに実行するようになるものです。

     コンプライアンスのヘルプラインの活用やチェックリストの活用等は最初はぎくしゃくしても慣れればどうってことありませんよ。具体的な方法はいつもお話している通りです。

     
    ★コンプライアンスでは当たり前のことができていないと絶えず不祥事の芽があると思って下さい。

     
      はてなブックマークに追加 

バナースペース

中川総合法務オフィス

〒617-0812
京都府長岡京市長法寺川原谷13-6

TEL 075-955-0307
FAX 075-955-0214
mail:home@rima21.com
中川総合法務オフィス公式メルマガ(無料)登録⇒まぐまぐ!へ