本文へスキップ

スポーツ団体や組織におけるコンプライアンス研修(スポーツコンプライアンス)

TEL. 075-955-0307

業務時間 午前9時〜午後8時 土日祝予約対応

スポーツ団体や組織におけるコンプライアンス研修(スポーツコンプライアンス)

アスリート、スポーツ団体や組織対象のコンプライアンス研修(スポーツコンプライアンス)

  • アスリート、スポーツ組織におけるコンプライアンス研修の実施はスポーツコンプライアンスの要請

    1.研修概要
    (1)スポーツ不祥事の事例 約10件の検証によるスポーツコンプライアンス態勢の骨格方向性
    (2) コンプライアンス態勢の強化を図るための、役職員の意識の高揚と現場への浸透の具体的方法
    (3)監事・監査役による定時監査及び監督官庁による検査よりも自主的内部監査による問題点の発見態勢の確立
    (4)内部通報制度の一層の充実と通報者(社員等)への一切のリベンジの禁止体制の確立
    (4)民間企業等の不祥事(週刊新潮事件・大和銀行事件・フィリップモリスジャパン事件等不祥事)約20件検証と再発防止策のスポーツコンプライアンスへの応用
    (5)なりすまし・置き忘れ等による個人情報の漏えいと損害賠償責任に関する実務と訴訟の最新動向
    (6)人身事故・飲酒運転等競技以外非行による信用失墜行為とハラスメントによる環境破壊行為の防止策

    2.スポーツコンプライアンスのポイント
     スポーツコンプライアンス態勢の基本…組織の内部統制やガバナンスを強く求める時代の変化
     (1)コンプライアンスは東京オリンピックを控えたスポーツ団体への社会的要請に応えるため
     (2)コンプライアンス理論と構造をCOSOキューブの歴史から理解する
     (3)選手も含めて役職員必須のコンプライアンス上重要法令
      スポーツ基本法(平成23年6月24日法律第78号、スポーツ振興法全部改正)等の基礎知識
     (4)コンプライアンスと公益通報者保護法等を踏まえた企業内部統制の方法
      ガイドライン等を参考にした現行法秩序下での内部統制として公益通報者保護法の解釈とヘルプラインの効果的設置方法
     (5)不祥事発生時の対応        
      ・最も重要なものはintegrity(誠実性・高貴性・廉潔性等)による初期対応と公表
      ・マスコミ対応5原則とイニシアティブある記者会見の運営実務及びその後の対応 
      ・スポーツ庁等監督官庁との折衝の仕方
     (6)不祥事再発を防止する重要項目
     【不正のトライアングル】等リスク管理フレームワークの活用
      ・ 会計事務に従事する職員の基本リスク管理
      ・不正経理・ハラスメント等を発見した場合の内部通報システムの確立と専門通報窓口について
      ・選手へのコンプライアンス違反の処分基準の明示と懲戒処分の対応
      ・新部署の設置「監査部、コンプライアンス改善委員会」などの名称
      ・エシックスカード・行動規範策定のすすめ(JALフィロソフィ等参考)
      ・メンタルヘルス対策(ラインケアとセルフケア)
      ・研修を踏まえて職場と自己のチェックリスト作成

    3.スポーツコンプライアンスに必要不可欠な選手の職業倫理と組織倫理
     (1)ステークホルダーであるサポーターやファン等の支援者や観客目線であるべき職業倫理を確立する
     (2)スポーツ選手の倫理における卓越性と相対性
     (3)スポーツのルールと社会倫理

    4.個別テーマ
    (1)知的財産権違反の厳罰化とブランドイメージの損傷
    (2)個人情報の保護と個人情報保護法・マイナンバー法の遵守
    (3)ハラスメント防止(パワハラ・セクハラ・モラハラ等)…指導のおける暴力は絶対禁止
    (4)反社会的勢力との関係遮断
    (5)クレーム対応…クレーム対応の仕方が悪いというクレームが来る時代
    (6)賭博行為の禁止
    (7)ドーピング(禁止薬物)
    (8)飲酒行為・飲酒運転・人身事故
    (9)ブラック組織かホワイト組織か
    (実施時間は2〜3時間や1日等のものも可能、選手と組織企画を分けることも可能、スポーツ庁の組織の指導内容も取り上げる)
  •   はてなブックマークに追加 

バナースペース


※研修内容等を無料で動画解説中
ハラスメント(パワハラ・セクハラ等)研修の内容
病院個人情報保護法研修内容
クレーム対応研修の内容
金融機関コンプライアンス研修
公務員倫理研修の内容
リスクマネジメント研修の内容
情報セキュリティ研修の内容
JA・NOSAI等のコンプライアンス研修内容
福祉施設リスクマネジメント研修の内容
情報公開研修(自治体)の内容
地方自治体コンプライアンス研修の内容
地方自治体の法律基礎研修内容
アカデミックハラスメント研修
企業コンプライアンス研修
地方公務員法30条以下の解説
地方公務員法の研修内容
地方自治法の研修内容(改正含)
自治体・企業の危機管理研修
メンタルヘルス研修の内容
消防職員の公務員倫理研修
改正行政不服審査法の研修内容
著作権法の実務研修
ダイバーシティマネジメント研修の内容
保育園・幼稚園・認定こども園リスクマネジメント研修
自治体の個人情報保護条例・マイナンバー法研修
企業の個人情報保護法・マイナンバー法研修
労働法コンプライアンス研修の内容
災害・不祥事マスコミ対応と記者会見の研修内容
YouTubeのオフィス公式サイト

◆研修メニュー・実務コンテンツコンプライアンスに関する研修メニューとコンテンツ

リスクマネジメント・危機管理・BCPに関する研修メニューとコンテンツ









中川総合法務オフィス

〒617-0812 京都府長岡京市長法寺川原谷13-6

TEL 075-955-0307
FAX 075-955-0214
mail:home@rima21.com


◆お客様の声 ⇒ 感謝礼状の数々 
◆代表のブログ 「こうしんの日記
◆オフィスの公式メールマガジン発行

 
  中川恒信 著書


ひこにゃん事件で読売テレビに出演
(出演風景TV撮影)
大津市議会で議員コンプライアンス研修
(半年間ネット配信される)
役員実績で行政書士会から表彰される
役員実績で会から表彰