本文へスキップ

コンプライアンスに強い中川総合法務オフィスは知財とリスク管理を専門とするコンプライアンスプロフェッショナルオフィスです。

TEL. 075-955-0307

〒617-0812 京都府長岡京市長法寺川原谷13-6

コンプライアンスに強い中川総合法務オフィスは、知財とリスク管理を専門とするコンプライアンスプロフェッショナルオフィスです。

大声をあげて不当な要求をしたり、電話で長々と文句を言うクレーマーへの対応方法

  • クレーム対応研修…10人中9人までが「面白かった」と感想を認めた人気研修 
  • クレーム対応研修をコンパクトにまとめたスタジオ録画のクレーム対応DVD講座
  • ○○役所に来て大声をあげて不当な要求をしたり、電話で長々と文句を言う人に対して、行政はどのように対応すればいいのでしょうか。

    ⇒ここで問題になっているのは、暴行や脅迫のない限りは業務妨害罪の問題になります。刑法の233条と234条です。

    …………………………………………………………………………………………………………………
    (信用毀損及び業務妨害)
    第233条
    虚偽の風説を流布し、又は偽計を用いて、人の信用を毀損し、又はその業務を妨害した者は、3年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。

    (威力業務妨害)
    第234条
    威力を用いて人の業務を妨害した者も、前条の例による。
    …………………………………………………………………………………………………………………

    (1)役場の業務の円滑な執行を妨げられたかどうかが判断基準です。

    判例によれば、ここで、「威力」とは、犯人の威勢、人数及び四囲の状勢から見て、被害者の自由意思を制圧するに足りる勢力をいい、現実に被害者が自由意思を制圧されたことを要しない。(最判昭28・1・30)また、一定の行為の必然的結果として、人の意思を制圧するような勢力が用いられれば足り、必ずしもそれが直接現に業務に従事している他人に対してなされることを要しない。(最判昭32・2・21)としています。


     大審院時代の有名な判例に、「営業中の満員の食堂で、蛇数十匹を配膳部に向かってまき散らし、大混乱に陥れたとき」(大判昭7・10・10刑集11-1519)この犯罪が成立するとしたものがあります。ちょっと極端なケースですが。

     現代では行政に対するものでは、大声を上げて仕事がきわめてやりづらくなった場合や長時間にわたって電話をしてきて業務ができないということになればそこで犯罪が成立するでしょうから警察に通報してください。

     行政は法に基づいて業務を執行する機関ですから、その法を執行できなくなるれば相手方に業務妨害罪が成立するのです。


    (2)しかし、そこまでの違反行為がない法に違反していない相手に対しては、任意に説得してそれでも帰らないとか電話を切らないということにならないと業務妨害罪は成立しません。

    一定の負担行為はこのクレーム社会の中では行政も避けられません。昔とは違います。

    業務妨害罪が成立しないのであれば中止を説得をするしかないでしょう。

    殊に、執拗な電話に対しては 、本当の事情を踏まえたうえで

    『〇〇時から、会議がありますので・・・』
    『〇〇時から、人に会う約束となっておりますから・・・』
    『前回と同様の話でしたら、切らせていただきます。』
    『以前からお話は伺っておりますが、 〇〇はできませんので、電話を切らせていただきます。』
    『結論は変わりません。職務に影響がありますので切らせていただきます。』

    等の言葉で電話を切ればいかがでしょうか。

     この時に相手がさらに電話をして来れば業務妨害罪になってきます。ハメるわけではありませんが悪質クレームについては止むをえません。


    (3)また、役所は公的な場として一般の人が自由に出入りできますから、住居侵入罪や不退去罪は成立が困難でしょう。

    しかし、ごく最近の判例ですが、悪質クレーマーが行政の方から再三退去を求められたのに退去しなかった場合に警察が現行犯逮捕した例がありました。判例日時等のデータはありませんが弁護士が紹介しております。

    これは、一応参考にしてください。


    (4)ほかに威力妨害罪が成立した判例は

    ●生産管理として、多数の威力をもって会社の事業の経営を排除したとき(最判昭27・2・22)

    また、有罪になった例で2006年6月1日東京新聞

    ●卒業式での『君が代』斉唱に反対し不起立を呼び掛けた高校教諭

    または、最近多いのが

    ● 悪戯目的で電子掲示板やウィキサイトなどに「○○駅に爆弾を仕掛けた」「○○の小学生を殺す」「学校に爆弾を仕掛けた」などと(虚偽の)犯罪予告を匿名で書き込み、あるいは電話をする

    があります。

    (5)集団での面会などの強要については「暴力行為等処罰ニ関スル法律」第2条2項があります。

    第2条 財産上不正ノ利益ヲ得又ハ得シムル目的ヲ以テ第1条ノ方法ニ依リ面会ヲ強請シ又ハ強談威迫ノ行為ヲ為シタル者ハ1年以下ノ懲役又ハ10万円以下ノ罰金ニ処ス
    2 常習トシテ故ナク面会ヲ強請シ又ハ強談威迫ノ行為ヲ為シタル者ノ罰亦前項ニ同ジ。

    以上が法的見解です。
  • クレーム対応研修…10人中9人までが「面白かった」と感想を認めた人気研修 
  • クレーム対応研修をコンパクトにまとめたスタジオ録画のクレーム対応DVD講座

     はてなブックマークに追加 

バナースペース

中川総合法務オフィス

〒617-0812
京都府長岡京市長法寺川原谷13-6

TEL 075-955-0307
FAX 075-955-0214
mail:home@rima21.com