本文へスキップ

コンプライアンスに強い中川総合法務オフィスは知財とリスク管理を専門とするコンプライアンスプロフェッショナルオフィスです。

TEL. 075-955-0307

〒617-0812 京都府長岡京市長法寺川原谷13-6

コンプライアンスに強い中川総合法務オフィスは、知財とリスク管理を専門とするコンプライアンスプロフェッショナルオフィスです。

民法プレミアム講座(動画と音声付) 2014年版

  • おすすめのポイント
    ◆講座の構成:「新民法講義シリーズ全8講座(動画と音声付)、重要ポイント講義動画(ホワイトボード使用)、演習講座100問100答(音声付) それぞれの講義時間:26時間20分、3時間15分、7時間15分で合計約36時間50分」
    ◆対象 行政書士試験受験生・司法書士試験受験生・司法試験受験生・国家試験や法律系公務員試験受験生等で民法の出題される受験生、自治体職員、企業等法務部門に勤める方々
    ◆民法は、私法の一般法でありながら、近年は改正がかなり頻繁になされるようになっています。社会の変動のスピードが従来よりもずっと速いからでしょう。債権法の大改正も予定されています。この講座では分り易い講義によって、法律中の法律といわれる民法を基礎からじっくりと学べます。
    ◆参考文献:我妻民法講義、内田民法、星野民法概論、有斐閣双書民法、有斐閣Sシリーズ民法、判例百選民法、民法判例集、基本法コンメンタール民法、wikipedia等
    ◆民法の学び方…民法プレミアム講座を使って、YouTubeにアップしました。⇒http://youtu.be/-gm3W8-n3po

    【下記無料のメルマガでは民法に関する最新情報を提供しています。ご登録をお勧めします。】
    メルマガ購読・解除
     
  • 講座内容
    1.新民法講義シリーズ全8講座(テキスト、動画と音声付)
      8講座のどれも、基本重要事項を解説してから、条文を確認し、重要判例も確認しています。演習問題も各章末には1〜2問入れて、実践力を養えるように作成してあります。民法1044条の全条文と必須判例はテキストにすべて盛り込んであります。
    (1) 民法総則(テキスト87ページ、講義時間4時間40分)
    第1章 権利能力と行為能力  第2章 住所・失踪宣告など  第3章 法人  第4章 権利の客体:物
    第5章 法律行為 第6章 代理  第7章 表見代理  第8章 無効・取消
    第9章 条件・期限  第10章 期間  第11章 時効
    (2) 物権法(テキスト63ページ、講義時間3時間)
    第1章 総論・物権の効力・物権変動   第2章 占有権   第3章 所有権・共有
    第4章 用益物権  (1)地役権   (2)地上権   (3)永小作権   (4)入会権
    (3)担保物権法(テキスト67ページ、講義時間3時間20分)
    第1章 担保物権法総論  第2章 留置権   第3章 先取特権   第4章 質権  第5章 抵当権   第6章 非典型担保 (1)譲渡担保  (2)所有権留保   (3)買戻・再売買予約  (4)仮登記担保
    (4)債権総論(テキスト81ページ、講義時間4時間10分)
    第1章 債権の目的  第2章 責任財産の保全  第3章 多数当事者の債権債務 連帯債務  保証債務
    第4章 債権譲渡  第5章 債権の消滅
    (5)債権各論(テキスト87ページ、講義時間4時間20分)
    第1章 契約総論 債務不履行 同時履行の抗弁権 危険負担
    第2章 契約各論
    贈与、売買、交換、消費貸借、使用貸借、賃貸借、雇用(雇傭)、請負、委任、寄託、組合、終身定期金、和解
    (6)事務管理・不当利得・不法行為(テキスト41ページ、講義時間2時間)
    第1章 事務管理  第2章 不当利得  第3章 不法行為 一般不法行為 特殊不法行為
    (7)親族法(テキスト66ページ、講義時間2時間30分)
    第1章 親族法総論 第2章 婚姻  第3章 離婚  第4章 親子  第5章 親権  第6章 後見
    第7章 保佐・補助   第8章 扶養
    (8)相続法(テキスト68ページ、講義時間2時間15分)
    第1章 総則  第2章 相続人  第3章 相続の効力  第4章 相続の承認・放棄
    第5章 財産分離   第6章 相続人の不存在  第7章 遺言  第8章 遺留分
     ⇒「動画」はテキスト講義をパソコン画面で収録したものです。MP4ファイルで提供します。パソコンやタブレット・スマホで再生できます。パソコンの方が画面が大きいので見やすいでしょう。「音声」は動画から抽出したものです。MP3ファイルで提供します。パソコンやタブレット・スマホで再生できます。※動画と音声のファイルはDVDに搭載して提供します。パソコンではそのまま再生できます。スマホなどは転送してお使いください。(ビデオデッキで再生するときはファイル変換してください)。
     
    2.民法演習100問100答(テキスト、音声付)
     民法総則から相続法まで網羅的に100問以上の問題を収録して、すべて改正民法で解説してあります。民法解釈のコツが身に付くように行政書士試験の過去問題や国家試験から100問を精選してしかも民法全範囲にわたる講義になっています。
    ・問題テキスト、解答・解説テキスト、音声講義
    「問題の内訳」(1)民法総則(約30問)(2)物権法(約30問)(3)債権法(約30問)(4)親族相続法(約16問)
     ⇒音声はMP3ファイルで提供(パソコンやタブレット・スマホで再生できます)

    3.民法重要ポイント講義(動画)
     民法の重要事項と論点である「制限行為能力」「法律行為」「時効」「物権変動」「抵当権」「債権者代位権と詐害行為取消権」「債権の消滅:弁済など」「契約総論」「売買」「賃貸借」等について,ホワイトボードを使って,図表も駆使しながら,丁寧に解説しました。合計で3時間15分のホワイトボードを使った講義です。
     ⇒MP4ファイルで提供します。パソコンやタブレット・スマホで再生できます。パソコンの方が画面が大きいので見やすいでしょう。


    ◆司法書士受験生へ 「民法過去問セレクト」司法書士試験から良問を選択した40問解説を無料でつけます。

    ………………………………………………………………………………………………
    ●法律系の資格試験、公務員試験その他の法律系国家試験に合格するには、「民法」を征服する必要があります。ほとんどすべての国家試験の試験科目には必ず「民法」が入っています。民法は法律家にとって必須の科目になっています。それは民事の一般法である民法の重要性からです。しかし、分量が膨大です。
     でも、国家試験などに確実に合格したいならやはり、昔からのことわざに言うとおり「急がば回れ」です。ズバリ、民法に強くなることが結局は合格の早道なのです。
  • お申し込み
    ◆テキストはA4両面印刷、動画と音声はDVDにデータとして移して提供(動画はMP4、音声はMP3ファイル)
    ※MP4ファイルはパソコンやタブレット・スマホで再生可能(パソコンの方が画面が大きいので見やすい)
     MP3ファイルは、一般のパソコンやipod/iphone、スマートフォン等デジタルオーディオプレーヤーで再生可能

    ◆民法プレミアム講座(動画と音声付)価格 39,800円[税込](銀行振込又は商品代引き)
     
    下記から【クレジットカード】でのお支払いも可能です。
  • よくある質問
    ●質問:民法の重要判例と論点はどのようなものがありますか。
    ■回答
    民法の重要判例と論点でよく学習テキストとして挙げられるのは以下のものです。(判例百選等参照)
    ◆民法総則 
     1 一般条項 権利の濫用/信義則 
     2 人 胎児の権利能力/人格権 
     3 法 人 法人の目的の範囲 
     4 物 1筆の土地の一部についての取引/建築中の建物 
     5 法律行為 公序良俗違反/動機の不法/錯誤 
     6 代 理 民法109条/本人の無権代理人相続 
     7 無効および取消し 他人の権利の処分と追認 
     8 条 件 故意の条件成就 
     9 時 効 時効援用の効果/消滅時効の起算点 
    ◆物権法・担保物権法
     1 物権総則 物権法定主義/解除と登記 復帰的物権変動
     2 占有権 民法194条に該当する善意占有者の使用収益権 
     3 所有権 共有者の1人による不実登記の抹消手続請求 
     4 入会権 入会団体による総有権確認請求権 
     5 留置権 留置権の対抗力/民法295条2項の類推適用
     6 先取特権 動産売買先取特権の物上代位 
     7 抵当権 抵当権の効力の及ぶ範囲/抵当権の物上代位 
     8 譲渡担保 譲渡担保の認定/集合動産の譲渡担保 
     9 所有権留保 所有権留保売主の地位 

    ◆債権総論・債権各論・事務管理・不当利得・不法行為
     1 債権の目的 種類債権の特定
     2 債権の効力 契約締結に際しての説明義務/代償請求権 
     3 責任財産の保全 金銭債権について債権者代位権を行使できる範囲 
     4 第三者との関係における債権の保護 第三者の債権侵害と不法行為 
     5 多数当事者の債権関係 連帯債務者の求償と通知
     6 債権譲渡・債権引受け・契約上の地位の譲渡 将来発生する債権の譲渡/契約上の地位の譲渡 
     7 債権の消滅 担保保存義務免除特約の効力 
     8 契約総則 事情変更の原則の要件 
     9 契約の解除 付随的債務の不履行と解除 
     10 契約各論 手付契約の解釈/信頼関係破壊の法理/預金債権の帰属 
     11 不当利得 返還されるべき利得の範囲 
     12 不法行為 景観利益/差止請求 

    ◆親族法・相続法
    1 婚 姻  夫と通じた者に対する妻の慰謝料請求権
    2 離 婚  離婚に伴う財産分与と詐害行為取消しの範囲
    3 婚姻予約・内縁 婚姻外の男女関係の解消と不法行為責任
    4 実 子  外国における代理懐胎によって出生した子の出生届 
    5 養 子  特別養子の要件
    6 親権・後見・扶養  子の命名権──悪魔ちゃん事件
    7 相続人  特別縁故者への遺産分与対象としての共有持分権
    8 相続の効力 遺産中の不動産の賃料債権の帰属
    9 相続の承認と放棄 再転相続人の相続放棄 
    10 遺 言 カーボン複写による自筆証書遺言と自書の要件
    11 遺留分  遺留分減殺請求権を債権者代位権の目的とすることの可否
    ●質問:『民法』が国家試験等で課されるものにはどのようなものがありますか。
    ■回答
      非常に多いです。法律系の国家試験では課されない方が珍しいです。司法試験や司法試験の予備試験、法律系国家公務員・地方公務員上級試験、司法書士試験、行政書士試験、土地家屋調査士試験、不動産鑑定士試験…等多数があります。殊に、司法書士試験の民法はレベルの高さと試験全体での比重の高さからこの試験は「民法」の試験といってもいいでしょう。
     なお、公認会計士試験でも民法が出されます。
     また、私がよく担当する国や地方自治体の職員研修の科目にいつも入っています。昇任試験をやっている地方自治体でも行政法と並んで民法は重要な昇任試験の科目です。
    ●質問:初学者でも、この民法プレミアム講座は使えますか。
    ■回答
     講義は、基礎から分かり易く解説していますので、初学者でも、よく民法の内容が分かってもらえるでしょう。また、演習問題は基本問題から応用問題まで入っていますので、ベテランの方にも対応しています。

     はてなブックマークに追加 

バナースペース

中川総合法務オフィス

〒617-0812
京都府長岡京市長法寺川原谷13-6

TEL 075-955-0307
FAX 075-955-0214
mail:home@rima21.com