本文へスキップ

コンプライアンスに強い中川総合法務オフィスは知財とリスク管理を専門とするコンプライアンスプロフェッショナルオフィスです。

TEL. 075-955-0307

〒617-0812 京都府長岡京市長法寺川原谷13-6

コンプライアンスに強い中川総合法務オフィスは、知財とリスク管理を専門とするコンプライアンスプロフェッショナルオフィスです。

「不祥事と記者会見」DVD講座  scandal press conference 2014年版

  • おすすめのポイント
    ◆不祥事が発生した時には、「バケツをひっくり返したような」騒ぎになることが多々あります。牛肉偽装事件のように上場企業が倒産することも稀ではありません。
     ところが右翼事件のオリエンタルランドのように記者会見で見事に「流れを変える」企業もあります。これも、少ないですが過去の事例があります。
     このDVD講座は、この後者のスキルを徹底的に解説したものです。

    ■「リスクマネジメント」の一環として、「危機管理」の一環としてセオリーも踏まえて解説してありますので、単なるハウツー講座ではありません。幅広くリスクマネジメントや危機管理を理解しながらこの「不祥事と記者会見」の位置づけがわかるでしょう。
     また、「災害と記者会見」でもそのまま役立つでしょう。

    ◆九州の政令指定都市での管理職対象の「不祥事と災害リスクマネジメントと記者会見」、近畿での府県管理職対象の「不祥事と記者会見」もこのベース講座をもとに実施されました。そこでの、実績と質疑応答を踏まえてさらに充実した実践的な内容になっています。

    ◆DVD3枚 約3時間 テキストレジュメ付
    ◆DVDはパソコンだけでなく家庭用のビデオデッキ等でも再生できるようにしてあります。

    ◆対象 企業の広報担当者、自治体の広報や危機管理担当者等「不祥事と記者会見」の最新内容を知りたい方々。
  • 講座内容
    1.コンプライアンス、リスクマネジメント、危機管理と不祥事
     (1) コンプライアンスによる不祥事防止態勢構築方法
     (2) リスクマネジメントによる不祥事リスクの特定とリスクアセスメント実施
     (3) 不祥事発生時の危機管理

    2.不祥事の法的責任と社会的制裁
     (1)事実関係の迅速かつ正確な把握
     (2)関係者への連絡・マスコミ対応 
       ★マスコミ想定質問の準備と対応5原則
     (3)応急措置

    3.不祥事の記者会見でよい実例と悪い実例

    4.これが成功する「不祥事の記者会見」全スキル

    ■研修担当の方は、講演依頼の前提として、また、基礎知識の習得をしたい方は是非ともお申し込みください。送料は無料です。なお、ご質問はいつでも受け付けます。
  • お申込み
    ◆「不祥事と記者会見」DVD講座 39,800円[税込] (銀行振り込み又は商品代引き)
     
     【クレジットカード】でのお支払いも可能です。

     はてなブックマークに追加 

バナースペース

中川総合法務オフィス

〒617-0812
京都府長岡京市長法寺川原谷13-6

TEL 075-955-0307
FAX 075-955-0214
mail:home@rima21.com