本文へスキップ

コンプライアンスに強い中川総合法務オフィスは知財とリスク管理を専門とするコンプライアンスプロフェッショナルオフィスです。

TEL. 075-955-0307

〒617-0812 京都府長岡京市長法寺川原谷13-6

コンプライアンスに強い中川総合法務オフィスは、知財とリスク管理を専門とするコンプライアンスプロフェッショナルオフィスです。

パワーハラスメント定義と類型(厚生労働省から公表)

  • 【パワーハラスメント】厚生労働省労働基準局労働条件政策課賃金時間室 平成24年1月30日 

    (1) 状況

     職場の「いじめ・嫌がらせ」、「パワーハラスメント」は労働者の尊厳や人格を侵害する許されない行為であり、早急に予防や解決に取り組むことが必要な課題である。

     企業は、職場の「いじめ・嫌がらせ」、「パワーハラスメント」による職場の生産性の低下や人材の流出といった損失を防ぐとともに、労働者の仕事に対する意欲を向上させ、職場の活力を増すためにも、この問題に積極的に取り組むことが求められる。

    (2) 定義

     職場のパワーハラスメントとは、同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性(※)を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為をいう。

    ※ 上司から部下に行われるものだけでなく、先輩・後輩間や同僚間、さらには部下から上司に対して様々な優位性を背景に行われるものも含まれる。


    (3)類型

     職場のパワーハラスメントの行為類型を以下のとおり挙げた(ただし、職場のパワーハラスメントのすべてを網羅するものではないことに留意する必要がある。)。

        類型              具体的行為
    (1)身体的な攻撃         暴行・障害
    (2)精神的な攻撃         脅迫・名誉毀損・侮辱・ひどい暴言
    (3)人間関係からの切り離し     隔離・仲間外し・無視
    (4)過大な要求           業務上明らかに不要なことなどを要求
    (5)過小な要求           仕事を与えない等
    (6)個の侵害           私的なことに過度に立ち入ること
     

    (4) 対策

     この問題を予防・解決するための労使の取組については、まず、企業として職場のパワーハラスメントはなくすべきという方針を明確に打ち出すべきである。


     予防するために、○トップのメッセージ、○ルールを決める、○実態を把握する、○教育する、○周知する。

     解決するために、○相談や解決の場を設置する、○再発を防止する

     はてなブックマークに追加 

バナースペース

中川総合法務オフィス

〒617-0812
京都府長岡京市長法寺川原谷13-6

TEL 075-955-0307
FAX 075-955-0214
mail:home@rima21.com