本文へスキップ

平成29年度 農林水産省の農業共済組合等に対する指導 最重要4項目

TEL. 075-955-0307

業務時間 午前9時〜午後8時 土日祝予約対応

平成29年度 農林水産省の農業共済組合等に対する指導 最重要4項目

平成29年度農林水産省農業共済組合等へ指導最重要4項目(前田保険課長・小林保険監理官)

  • 平成29年度 農林水産省の農業共済組合等に対する指導 最重要4項目(前田剛志保険課長・小林勝利保険監理官等)

    JAコンプライアンス研修 NOSAIコンプライアンス研修 土地改良区コンプライアンス研修 実績多数

     1.収入保険制度の導入及び農業共済の見直しによる農業災害補償法を農業保険法に変更法案提出

    (1)現行の農業災害補償制度は、「自然災害等による収量減少が対象であり、価格低下は対象外」、「対象品目が限定的で、農業経営全体をカバーしていない」ので、26年度から28年度まで、調査事業(収入データの収集、事業化調査)等を計画的に行ってきて、第193回国会に「農業災害補償法の一部を改正する法律案」を閣法で提出した。施行期日が30年4月1日とされ、収入保険の実施及び農業共済の新制度への切替は、原則として平成31年産からとされている。改正法成立後に、広報活動と政省令制定、農業共済組合等研修、農家への周知、青色申告の推進等が行われよう。

    (2)新「全国連合会」設立は、30年4月予定、電算処理システムについては、基本設計を経てプログラム作成と運用テスト等を30年実施。収入保険の加入申請は、30年秋に開始予定。

    (3)農業共済団体、収入保険及び農業共済の実施主体として、役職員全員が新制度と税務関係書類の見方等を学習し、JA、農業委員会、農業法人協会、指導農業士会等の関係組織の協力を得て、農業者に対する制度の周知と青色申告の普及に取り組むこと。真面目に取り組まない場合はその農業共済団体への予算配分を減らす。

    (4)都道府県も地方自治法・地方公務員法に基づき法定受託事務として農林水産省提供文書を熟読して自らの責任を深く自覚してコンプライアンスに後ろ向きでなく(3)の項目を取り組む。

    以下続く。

    (農林水産省意見交換・都道府県農業共済団体担当及びNOSAI現元役員意見交換・NOSAIvol69BN等参照)
  • JAコンプライアンス研修 NOSAIコンプライアンス研修 土地改良区コンプライアンス研修 実績多数
  •   はてなブックマークに追加 

バナースペース


※研修内容等を無料で動画解説中
ハラスメント(パワハラ・セクハラ等)研修の内容
病院個人情報保護法研修内容
クレーム対応研修の内容
金融機関コンプライアンス研修
公務員倫理研修の内容
リスクマネジメント研修の内容
情報セキュリティ研修の内容
JA・NOSAI等のコンプライアンス研修内容
福祉施設リスクマネジメント研修の内容
情報公開研修(自治体)の内容
地方自治体コンプライアンス研修の内容
地方自治体の法律基礎研修内容
アカデミックハラスメント研修
企業コンプライアンス研修
地方公務員法30条以下の解説
地方公務員法の研修内容
地方自治法の研修内容(改正含)
自治体・企業の危機管理研修
メンタルヘルス研修の内容
消防職員の公務員倫理研修
改正行政不服審査法の研修内容
著作権法の実務研修
ダイバーシティマネジメント研修の内容
保育園・幼稚園・認定こども園リスクマネジメント研修
自治体の個人情報保護条例・マイナンバー法研修
企業の個人情報保護法・マイナンバー法研修
労働法コンプライアンス研修の内容
災害・不祥事マスコミ対応と記者会見の研修内容
YouTubeのオフィス公式サイト

◆研修メニュー・実務コンテンツコンプライアンスに関する研修メニューとコンテンツ

リスクマネジメント・危機管理・BCPに関する研修メニューとコンテンツ









中川総合法務オフィス

〒617-0812 京都府長岡京市長法寺川原谷13-6

TEL 075-955-0307
FAX 075-955-0214
mail:home@rima21.com


◆お客様の声 ⇒ 感謝礼状の数々 
◆代表のブログ 「こうしんの日記
◆オフィスの公式メールマガジン発行

 
  中川恒信 著書


ひこにゃん事件で読売テレビに出演
(出演風景TV撮影)
大津市議会で議員コンプライアンス研修
(半年間ネット配信される)
役員実績で行政書士会から表彰される
役員実績で会から表彰