本文へスキップ

ユニバーサルデザイン コンプライアンスに強い中川総合法務オフィスは知財とリスク管理を専門とするコンプライアンスプロフェッショナルオフィスです。

TEL. 075-955-0307

〒617-0812 京都府長岡京市長法寺川原谷13-6

ユニバーサルデザイン コンプライアンスに強い中川総合法務オフィスは、知財とリスク管理を専門とするコンプライアンスプロフェッショナルオフィスです。

【ユニバーサルデザイン】とコンプライアンス経営

  • 【ユニバーサルデザイン】とコンプライアンス経営

    ユニバーサルデザインとは、広い意味を持っていますが、おもに、企業や団体にとって、重要なステークホルダーである「消費者」にとって、使いやすく利用しやすい商品のことを指します。

     これは、そのステークホルダーからの「信頼」を得るということから、コンプライアンス経営そのもの要請と言っていいのですよ。

     たとえば、

     缶チューハイに記された点字「おさけ」

     牛乳パック扇状切欠き

     点字・レリーフ・音声案内を備えた駅構内地図(触地図)(東京・大手町駅)


    等が例としてあげられます。

     
     広くは、ユニバーサルデザイン(Universal Design)は、

     文化・言語・国籍の違い、

     老若男女といった差異、

     障害・能力の如何

     を問わずに利用することができる施設・製品・情報の設計(デザイン)をいいます。



     提唱者のアメリカのロナルド・メイスは「できるだけ多くの人が利用可能であるようなデザインにすること」を中心に置き、障害者に限定していない点が「バリアフリー」とは異なります。

     
     ひとりでも多くのひとの利用を念頭に、みんなでニーズや問題を調べ尽くし、考え抜き、ユニバーサルデザイン化へ継続的な努力、改善が大切です。


    ★ ユニバーサルデザインの7原則
    1.どんな人でも公平に使えること
    2.使う上で自由度が高いこと
    3.使い方が簡単で、すぐに分かること
    4.必要な情報がすぐに分かること
    5.うっかりミスが危険につながらないこと
    6.身体への負担(弱い力でも使えること)
    7.接近や利用するための十分な大きさと空間を確保すること

      はてなブックマークに追加 

バナースペース

中川総合法務オフィス

〒617-0812
京都府長岡京市長法寺川原谷13-6

TEL 075-955-0307
FAX 075-955-0214
mail:home@rima21.com
中川総合法務オフィス公式メルマガ(無料)登録⇒まぐまぐ!へ